BBIQの格安スマホで毎月の通信費をどれくらい落とせるのか?

 

光回線で有名なBBIQですが、格安スマホのサービスも提供していることをご存知ですか?

 

キャリアのスマホと比べると驚くほど安いと言われ、近年乗り換える人も増えてきている格安スマホですが、BBIQのスマホを使うとどれくらい安くなるのでしょうか。BBIQのスマホの料金について調べてみました。

 

BBIQの格安スマホサービスの概要

どのキャリアの回線を使えるの?

格安スマホを使ったことがないと「電波が入らないんじゃないの?」という心配があるのではないでしょうか。

 

BBIQの格安スマホはドコモとauのネットワークを使用しています。そのためドコモ・auの電波が入る地域であればBBIQのスマホでも問題なく使うことが可能です。

 

加入時にドコモの回線を使う BBIQスマホ SIM dプランか、auの回線を使う BBIQスマホ SIM aプランかを選択することができます。

 

気になる料金は?

BBIQのスマホは、データ通信・SMS機能・音声通話と機能別に必要な機能を選んで契約することが可能です。以下の金額はすべて月額料金です。

 

BBIQスマホ SIM dプランとaプランでは料金体系が異なります。

 

BBIQスマホ SIM dプラン
3G、5G、10Gのプランから選択することができます。

 

データ通信のみ

  • 3G 900円
  • 5G 1,520円
  • 10G 2,560円

 

データ通信とSMS

  • 3G 1,040円
  • 5G 1,660円
  • 10G 2,700円

 

音声通話・データ通信・SMS 全部

  • 3G 1,600円
  • 5G 2,220円
  • 10G 3,260円

 

データ容量は100MBにつき200円で追加が可能です。

 

BBIQスマホ SIM aプラン

 

3Gのプランと5Gのプランから選択することができます。

 

データ通信とSMS機能だけの契約

  • 3G 900円
  • 5G 1,580円

音声通話とデータ通信、SMS機能が使える契約

  • 3G 1,510円
  • 5G 2,190円

 

データ容量は100MBにつき150円で追加が可能です。なお音声付きのプランの場合は、dプランaプランともに最初の3ヵ月間800円引きになるキャンペーンが行われています。

 

インターネットの速度はどれくらい?

スマホを使う人はもちろんインターネットの利用がメインですよね。どれくらいの測度で通信でるかどうかはとても重要な問題です。

  • ドコモの回線を使う BBIQスマホ SIM dの測度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbps
  • auの回線を使う BBIQスマホ SIM aの測度は下り最大最大150Mbps、上り最大25Mbps
  • どちらを使った場合も、契約のデータ量を超えると、200Kbpsに速度が低下

 

3大キャリアと比べて月額がどの程度落ちるのか

格安SIMを選ぶときに気になるのが、キャリアの携帯を使った時と比べ、どれくらい金額が変わるかということではないでしょうか。
キャリアの月額料金はdocomo・au・SoftBankほぼ横並びのため、ここではauで比較してみます。

 

auの5Gのプランで契約していた場合
スーパ―カケホ 1,700円+データ定額5(5GB)5,000円+LTE NET300円 合計7,000円

 

その他機種の分割代金がはいったり、誰でも割・auスマートバリューなどで割引が入ったりと少しずつ値段が変動しますが、2017年2月時点でrafre KYV40の端末を選択した場合の月額料金は、シミュレーションしたところ7,261円でした。

 

BBIQの5Gで契約していた場合
音声通話+データ通信(5GB)+SMS 合計2,190円

 

端末はauで使っていた端末にBBIQのSIMカードを差して使いまわすことも可能です。新しい端末を購入したい場合は分割代金がかかりますが、富士通 arrows M03を選択した場合、2017年2月時点では端末分割代金の支払いを入れても、毎月3,490円。

 

なんとキャリアのほぼ半額でBBIQのスマホは利用できるのです!

 

データ通信だけならBBIQは最低900円から使うことができます。ほとんど通話をしない、スマホはネット接続専用、という人なら毎月の維持費を1,000円以下に抑えることも可能です。

 

auのスマホユーザーはBBIQの格安スマホとauどちらを選ぶべきか?

BBIQの光回線では、auのユーザーはauスマートバリューを使いスマホ代金を割引くことが可能です。

 

auスマートバリューは最大月額2,000円、10台まで割引対象になるため「うちはBBIQのスマホを使うよりもauを使ったほうが得なのでは?」という疑問を持つ人もいるかもしれません。

 

上記のauとの比較はauスマートバリューの割引額最大2年間 -1,410円も含めた金額です。仮にau のスマホで5Gのプランを利用する家族が3人いた場合

 

  • スーパ―カケホ 1,700円+データ定額5(5GB)5,000円+LTE NET300円 合計7,000円

    (auスマートバリュー込み) ×3台=21,000円

  • BBIQの通話ができる5Gのスマホを3台持った場合は

    音声通話+データ通信(5GB)+SMS 合計2,190円 ×3台=6,570円

 

なんと毎月17,430円もBBIQのスマホを使ったほうが家計の節約になるのです。1年間では約21万円もの差が出ます。家族が多ければ多いほど、BBIQのスマホに乗り換えたほうが通信費の節約になりますよ!

 

BBIQの速度切り替えアプリとは?

スマホを使ってインターネットに接続していると、すぐに通信量が上限に達してしまい、速度制限で辛い思いをする、という人が多いですよね。これは常に高速で通信していることが原因のひとつに考えられます。

 

動画を見る、写真がたくさんあるサイトを閲覧するという時なら高速での通信した方がストレス無く使えるのですが、ラインでメッセージを送る・文字だけのメールを送る、という時なら低速で使用するとデータ容量の節約をすることができます。

 

「低速で通信しても、容量を使うことには変わりないのでは?」と疑問を感じた人がいるかもしれませんが、低速で通信をすると、契約した月間の通信容量を使わずに通信できるという特別な措置がされるのです。

 

つまりずっと低速で通信し続ければ、5Gのプランで契約をしてもその5Gが減らないまま、という状態が保てるわけです。BBIQには「BBIQスマホSIM dアプリ」というアプリがあり、通信する内容によって速度を切り替えることが可能です。

 

BBIQスマホSIM dアプリができること

  • 月間のデータ量の残量を確認
  • 通信速度を高速(ON)低速(OFF)に簡単に切り替え
  • 容量の追加

 

BBIQスマホSIM dアプリでは月間のデータ量の残量を確認することができ、通信速度を高速(ON)低速(OFF)に簡単に切り替えることが可能です。

 

また容量が足りなくなってしまったときには、アプリ上で通信量の追加をすることができます(100MBにつき200円)賢くアプリを使い、データ容量の追加をできるだけしないで済むように使うことができれば、更なる通信費の節約と、快適なスマホの利用が可能ですよ!