ドコモ光をGMOから申し込んだ際のキャンペーン特典と注意点

ドコモ光をGMOから申し込んだ際のキャンペーン特典と注意点

 

ドコモ光は利用するプロバイダを複数から選ぶことができます。その中のひとつGMOとくとくBBというプロバイダを選択すると、GMOだけのキャンペーン特典を受けることが可能です。ドコモ光をGMOのプロバイダで申し込んだときのキャンペーンについてチェックしてみましょう。

 

キャンペーン特典の内容

ドコモ光とGMOとくとくBBを申し込むと、以下のキャンペーン特典が適用されます。

  • 工事費無料
  • dポイント5,000pt進呈
  • Wi-Fiルーターを0円でレンタル

 

工事費無料とdポイント5,000pt進呈はドコモ光のキャンペーンのため、他のプロバイダを選んだ場合でも適用されます。GMO限定のキャンペーンはWi-Fiルーターの無料レンタルです。

 

各キャンペーン受取条件、注意点

5000ポイント進呈の条件

 

キャンペーン特典のひとつ、dポイント5,000ptを受け取るためには2017年6月30日までに開通することが条件です。またドコモ光を2年間の定期契約で契約する必要があります。

 

さらにドコモ光だけでなくドコモのスマホや携帯電話の契約があり(ドコモ光のペア回線と呼びます)dポイントクラブ会員であることが条件です。つまりドコモで電話の契約がないユーザーはdポイント5,000pt進呈の特典を受けることができません。

 

Wi-Fiルーターのレンタル条件

 

またWi-Fiルーターのレンタルはドコモの電話契約があるということと、3年間を最低利用期間とすることという2点が条件となっています。

 

もし3年以内にWi-Fiルーターのレンタルを解約すると10,000円の契約解除料金が発生します。ドコモ光は2年間の継続利用することが条件であるため、2年後にドコモ光とGMOを両方解約すると、Wi-Fiルーターレンタルの違約金が発生し、3年後に解約をするとドコモ光の違約金が発生します。

 

どちらも違約金が発生しないタイミングで解約するタイミングは4年後です。またドコモ光を解約後もGMOの契約は継続し、Wi-Fiルーターをレンタルし続けたい場合は月額300円の料金が必要です。

 

GMOのWi-Fiルーターキャンペーンのメリットとデメリット

メリット

 

プロバイダにGMOを選ぶと宅内据え置き型のWi-Fiルーターを無料レンタルすることが可能です。ドコモ光の契約時に配布されるONUにはWi-Fi機能が付いていないため別途Wi-Fiルーターを接続しなければ宅内で無線を飛ばすことができません。

 

光回線の利用時にパソコンだけではなく、スマホやタブレット、ゲーム機をつなげたいという人がほとんどですから、Wi-Fiルーターは必要な機器になると言えるでしょう。

 

Wi-Fiルーターはドコモ光とGMOをセットで使っている間はずっと無料で使い続けることが可能です。ドコモ光を解約しGMOは引き続き利用する際に、継続してWi-Fiルーターを使いたい場合は月額300円でレンタルを続けることが可能です。

 

デメリット 注意点

 

ただしWi-Fiルーターのレンタルには最低3年間は使うことという条件があります。3年以内にGMOとの契約の解約やWi-Fiルーターレンタルの解約を行うと、10,000円の違約金の支払いが必要となります。

 

ここで注意したいのは、Wi-Fiルーターのレンタル期間は最低3年ですが、ドコモ光の契約は2年間の自動更新である点です。2年目後のドコモ光の更新月か3年後のWi-Fiルーターの最低利用期間終了後のタイミングで解約をすると、ドコモ光またはWi-Fiルーターレンタルの違約金が発生してしまいます。

 

余計な出費をせずに解約するためには4年後のドコモ光の更新月を待たなくてはいけません。またWi-Fiルーターの最低3年間の利用期間は、ドコモ光が開通してからの3年間ではなくWi-Fiルーターが手元に届いたときからの3年間となります。

 

GMOのWi-Fiルーター無料レンタルは、例えばドコモショップなどからでもプロバイダにGMOを指定して加入すれば適用されます。またWi-Fiルーター無料レンタルを受けることができるのは、ドコモのスマホまたは携帯をすでに使っているか、新規契約してドコモを使う人が対象です。

 

GMOでドコモ光を申し込んだ際の解約方法

 

ドコモ光をGMOで使う場合、ドコモ光を解約すると自動的にGMOも終了になります。ただしGMOが終了する前に他の接続サービスに加入していた場合はGMOとの契約は継続します。

 

ドコモ光の解約は、ドコモインフォメーションセンターに電話をするか、ドコモショップの窓口で受け付けています。解約時に必要な情報は、ドコモの携帯電話の契約内容(ネットワーク暗証番号)です。また口頭で本人確認が行われます。ドコモ光単体での契約でドコモの電話契約が無い場合は契約ID(お客様ID)での本人確認となります。

 

解約月の料金は日割りにならず、まるまる1ヶ月分の請求となります。また契約満了月や更新月以外での解約の場合、違約金が発生します。

 

ドコモのインフォメーションセンターの電話は混みあうことが多いため。近くにドコモショップがあるようであれば、予約をしたうえでドコモショップを訪れて手続きを行ったほうが時間のロスが少なくて済むでしょう。

 

GMOのキャンペーンは無線ルーターを持っていない人に向け

 

GMOを使いドコモ光へ加入する場合、GMOだけの特典としてWi-FIルーターの無料レンタルがあります。ドコモ光とGMOを使っている間はずっと無料でつかうことができるサービスです。

 

ドコモ光のONUには無線機能が付いていないため、スマホやタブレットを宅内のWi-Fiで使いたい場合には必須のサービスとなります。またこの特典は申し込み窓口に関わらずドコモ光のプロバイダにGMOを指定すれば自動的に適用されます。

 

ドコモ光を使いたいけれどWi-Fiルーターを持っていない、買うことに抵抗があるという人はGMOのキャンペーンを利用してみてはどうでしょうか。