ピカラ光のインターネット 速度制限の基準や実際のスピードについて調査

ピカラ光のインターネット 速度制限の基準や実際のスピードについて調査

 

ピカラ光に加入したいけれど「速度面で不安があって加入を迷っている」という人は多いのではないでしょうか。またピカラ光ではたくさん通信しすぎると速度制限が行われることもあり、そこが不安だという人もいるでしょう。ピカラ光の通信速度や速度制限について調べてみました。

 

ピカラ光の速度制限がかかる利用量、スピードなど

 

ピカラ光では1日30GB以上の通信(アップロード)をした場合、帯域制限と呼ばれる速度制限がかけられる旨が公式サイトに記されています。
1人のユーザーが大量の通信をすると、ネットワーク設備や通信帯域を独占されてしまいます。すると他のユーザーの通信速度が低下してしまうため、皆が公平に使うことができるように、という措置です。
帯域制限は急に行われるのではなく、対象となるユーザーにはピカラより、ピカラのメールアドレス宛に帯域制限の対象となっているお知らせのメールが送信されます。

 

にもかかわらず利用状態に改善が見られなかった場合は帯域制限が実施される場合があります。制限が行われるのはアップロードが多いユーザーが対象で、ダウンロード(Webの閲覧、動画の視聴、メールの受信)は対象にはなりません。

 

制限後は上り・下りとも速度が30kbpsに制限されますので、ほとんど使うことができなくなると考えて良いでしょう。制限期間は1ヶ月です。帯域制限の警告メールは2回目までは警告のみで制限はかかりませんが、3回目のメール到着と同時に制限が開始されます。

 

1日30GBのアップロードをする人は滅多にいないでしょうが、警告メールが届いたら、アップロードを控えるように注意しましょう。現在の自分の通信量はピカラ光の「Myピカラ」から確認することが可能です。「Myピカラ」では帯域制限の状態も確認できます。Myピカラ https://portal.pikara.jp/ftth_cus/fhaz0100/vfhaz010001.action

 

ピカラ光で速度制限されたらどうなる?

 

ピカラ光では大量のアップロードを繰り返すと帯域制限が行われます。調べてみたところ、速度制限されてしまったという人の書き込みを見つけることができました。参考URL https://oshiete.goo.ne.jp/qa/7763677.html

 

この人の場合、家族で複数台のPCを利用しているけれど、基本的な使い方ではそれほど問題無い様子。原因が思い浮かばない、ということでしたが、表示に時間がかかる、動画は接続もできない、というくらいに使えない状態になってしまうようです。

 

自分では大容量のアップロードをしていなくても、P2Pソフトと呼ばれるファイル共有ソフトを入れていると自動的にファイルの送受信を行うため、1日で30GB以上の通信を行ってしまうケースもあります。ファイル共有ソフトを使っている人は注意しましょう。ちなみに30GBとはDVDなら7枚以上、音楽CDなら48枚以上となります。

 

ピカラ光の通信速度

 

インターネット上でユーザーが自分の通信速度を測定するサービス「RBB SPEED TEST」の結果を集計し、速い速度を記録した回線事業者を表彰する「RBB SPEED AWARD」をご存知でしょうか。

 

2016年2月に発表された「RBB SPEED AWARD」では四国エリアでもっとも速い光回線として表彰されたのがピカラ光でした。ただしWi-Fiで接続した場合はauひかりが四国エリアの最優秀賞と受賞しています。

 

ところが2015年の結果を見ると反対で、四国エリアの固定回線でトップはauひかり、四国エリアの光回線をWi-Fi接続したときのトップがピカラ光でした。2015年と2016年で入れ替わっています。

 

「RBB SPEED AWARD」の結果を見るとauひかりは全国の広いエリアで、高速の回線として最優秀賞と受賞しています。ということはピカラ光の回線品質はauひかりと同レベルかそれに迫るくらいのものであると考えて良いでしょう。

 

またオリコンのプロバイダ部門のランキングを参照すると、ピカラは四国の1位を取得しています。多くのユーザーがピカラの速度は速い、と実感している証拠だといえるでしょう。

 

さらに「みんなの測定結果」というインターネット上で速度を測定した結果を参照できるサイトでも、ピカラ光のユーザーの測定結果を見ると、下りで概ね100M〜400M程度出ている人が多いようです(一部、100M以下のユーザーや10M程度の測度のユーザーもいました)

 



Twitterでも550Mを超える速度のつぶやきが。

 

 

管理人の目 ピカラ光の測度をどう評価するか

 

インターネットを申し込みする時、回線もプロバイダも大手・老舗が安心だとなんとなく考えてしまいます。特に光回線は導入に工事が必要なこともあり、そう頻繁に変更することはあまりしないため「失敗したくない」と考える人が多いでしょう。

 

ピカラ光は四国限定というサービスながら、価格コムやオリコンの評価が高い点が目に留まります。また「RBB SPEED AWARD」を参照しても、2015年にはWi-Fi接続部門で、2016年には固定回線部門で、四国エリアではピカラ光が最優秀賞を受賞しています。

 

「RBB SPEED AWARD」はユーザーが計測した実測値を集計したデータが基になっていることを考えると、ピカラ光は基本的に高速で利用できる、品質の高い回線である、と考えて良さそうです。

 

ただし「みんなの測定結果」を参照すると下りが100M以下というユーザーもいます。この場合、LAN機器やLANケーブルなどがギガビット対応してない、LANケーブルが断線しているなど、宅内環境に原因がある可能性が考えられます。

 

各種口コミサイトやユーザーの評価、第三者機関からの評価を見る限り、ピカラ光は高速の回線を提供しており、プロバイダとしても問題ないものであると判断して良いのではないでしょうか。